あとは口座開設だけ!さあ取引へ

ここまでFXの基本についてステップごとに学んできました。さあ、いよいよ最終ステップは「FX口座の開設」です。

FXの口座というのは取引するための資金(証拠金)を預け入れる口座。あなたがお持ちの資金を、このFX専用の口座に入金するとFX取引を始めることができます

FXをはじめるにはまず口座開設!

FX口座開設の一般的な流れ

  1. FX会社の決定
    各社で異なるスプレッドや投資する通貨などでFX会社を使い分けてもいいでしょう。
    自分に合ったFX会社を選ぶことが大事です。
  2. フォーム入力
    まず事前交付書面に同意して、フォーム入力を行います。ほとんどのFX会社はとてもシンプルで入力は5分程度で完了します
  3. 本人確認書類の提出
    マイナンバーや本人確認書類を提出します。
    提出方法はメールやFAXのほか、WebからできるFX会社もあるので便利です。
  4. パスワードの取得
    口座開設完了通知がFX会社から簡易書留郵便で送られてきます。パスワードやログインIDを取得します。
  5. 取引開始
    指定口座に振込をすると、あなたのFX口座へと反映されます。入金反映後、すぐに取引を開始することができます。

すぐに入金する必要はありません。

FX口座は「手もとにお金がなくても口座開設だけしておく」ことができます。また、口座開設の手数料も維持費もありません。ですからいつでも好きな時に口座開設の申込みができるのです。

各FX会社は初心者でもFXを楽しむことができるよう工夫をこらしたさまざまなサービスを提供していますが、その特徴はさまざま。

口座開設する前でもデモ取引などで実際のFX取引の感覚が味わえますし、口座開設だけ先にしておいて、ログインできるページや各種ツールの使い勝手などを確かめてみるのもおすすめです。口座開設申込みページのわかりやすさもFX会社選びの参考になりそうですね。

入力は5分程度で完了!

手続きは各FX会社のサイトにある「口座開設はこちら」などのボタンをクリックし、案内にしたがって氏名・生年月日などの必要事項を入力し、本人確認書類を送付するだけ。簡単です。

あなたが「FX口座にお金を入金する」ための方法は後述するようにいくつかありますが、「FX口座からお金を引き出すとき」は「あなたの銀行口座への振込」という形になります。ですからあなたがいま使っている銀行口座の番号などの入力も必要です。通帳またはキャッシュカードなども用意しておきましょう。

あなたの専用ページにログイン

申込み手続きが完了すると後日「あなたのFX口座にログインするためのログインIDとパスワード」が簡易書留で送られてきます。

各FX会社の公式サイトにある「ログイン」ボタンをクリックし、送られてきたログインIDとパスワードを入力すればそこから先はあなた専用のページです。

FX口座にまだお金がない状態でもログインはできますので、為替相場外国為替市場において異なる2国間の通貨を交換(売買)するときの交換比率のことを言います。為替レートとも言います。の分析や予想に役立つ各種ツールなども使うことができます。どんどん触ってみましょう。

証拠金を入金する

たいていの場合、ログインID・パスワードと一緒に「あなたのFX口座に入金するための振込先口座情報」も送られてきます。ここに記載された銀行口座へお金を振り込むと、それが「あなたのFX口座の残高に反映される」ことになります。

入金方法は銀行振込、ネット振込、ATM入金などいろいろあって便利です。振込金額がすぐにFX口座の残高に反映される「クイック入金」などのサービスもあります。

さあ取引開始!

証拠金を入金すればいつでも取引できます!いまは数千円の資金で取引できるサービスも多くなってきました。たとえ少額でも取引は本物。FXの手軽さや楽しさをぜひ体感してください!