FX用語辞典

カバー取引

読みカバーとりひき

カバー取引とは、顧客から売買の注文を受けたFX会社が価格変動によるリスクを減じるために、受けた注文と同じ注文を銀行などの別の金融機関に対して行うことを指します。 FXでは顧客とFX会社は1対1の取引になるため、顧客の利益はFX会社の損失、顧客の損失はFX会社の利益となり、それぞれの取引が利益相反関係になっています。
ところが、この関係はFX会社にとって大きなリスクを負うことになってしまいます。そこで、FX会社はこのリスクを回避するために、自らも顧客と同じ数量、同じレートで銀行などの金融機関に注文を出します。そうすることで、自らのリスクをカバーします。
カバー取引をどの程度行っているのかはFX会社により異なりますので、FX会社側がどの程度カバー取引をしているかも安心の目安と言えるでしょう。