FX用語辞典

ショート

読みショート

ショートとは、投資家が保有していない外貨を売っている状態を指します。一般には「売り」のことをショートと言います。
例えば、米ドル/円(1ドル=100円時)の取引の場合、1万ドル(100万円分)を売ったとします。実際にドルを持っていなくても市場から1万ドルを借りて来て売ることができるがFXの特徴です。1万ドルを売ったので手元には100万円が残ります。この100万円は借りてきたお金を換金しただけなので、いずれ1万ドルとして返さなければなりません。そこで、1ドル=90円になったときに先ほど売った1万ドルを買い戻すと、先ほどは1万ドルが100万円したのですが、今度は1ドル=90円なので、90万円払えば1万ドルを買い戻せます。そして借りた1万ドルを市場に返すと手元には差額の10万円が残ります。この10万円が利益になるのです。
このように、同じ1万ドルですが、100万円分の価値が90万円までに減った(短くなった)のでショートと言います。