FX用語辞典

仲値

読みなかね

仲値とは、銀行が顧客に対して外国為替の取引を行う際に基準にする為替レートのことを指します。
一般的な為替取引では銀行などの仲介業者が外貨の売買を行います。売買するために決めたその時の為替レート仲値です。外国為替は24時間変動していますが、銀行などの仲介業者が窓口で瞬間瞬間の為替レートによる売買を行うことは現実的ではありません。そこで、午前10時のスポットレートを固定し、その日一日中そのレートを基準にして売買を行います。この固定したスポットレートを仲値と呼んでいます。
銀行の為替手数料は通常1円ですから、銀行が顧客に外貨を売るレート(TTS)と銀行が顧客から外貨を買うレート(TTB)はこの仲値からプラスマイナス1円の価格ということになります。
関連キーワード