FX用語辞典

逆張り

読みぎゃくばり

逆張りとは、相場のトレンドとは逆のポジションをとることで、相場が下がって行くときに買い、相場が上がっていく時に売ることを言います。
1ドル=100円から1ドル=90円に相場が動いたとき、通常であれば下降トレンドなのでドル売りのポジションを取ろうとします。しかし、勢いが弱まったり、他の要因で1ドル=90円がとなり、これから上昇トレンドになるだろうと予測すれば、この時点でドルを買います。下降トレンドのときに買いポジションを取るという、通常とは逆のことを行うわけですから、この行為を逆張りと言うわけです。もちろん、あくまで予想ですから、相場がそのまま下降し続け損を被ることもあります。そうならないために、念には念を入れて流れに乗ってポジションを取ることを順張りと言います。