短期集中型のFX投資スタイル

デイトレード1日のうちに購入・売却を完結させ、翌日にポジションを持ち越さない取引手法のことです。略してデイトレと呼ばれることもあります。 =プロトレーダーがやること」と思いこんでいないだろうか。近年盛り上がりを見せているFXは、特にリーマンショック以降その裾野を広げ続けており、これまで投資に無関心だったサラリーマンや主婦層の参入が増えている。機関投資家をはじめ市場からも一目置かれるようになったホームトレーダーたちのトレードスタイルは非常に興味深い。

デイトレードするならこのFX会社!

36歳男性
メーカー勤務
Tさんの場合

FX歴1年ちょっとの独身30代。FXをはじめた頃に比べ、今は少しずつだが利益が出始めている。
平日は早朝から夜まで仕事にかかりっきりなので、FXに打ち込めるのは休日だけなのが悩みだ。とはいえ、今はFXが楽しくなってきた頃なので、ちょっとの暇さえあればスマホを眺めて相場のチェックをするのが日課となっている。

朝6時50分
6時50分
朝のニュースは占いと為替相場

朝のニュースは占いと為替相場

朝6時50分。自動車部品メーカーでセールスエンジニアをしているTさんは、今日もテレビに流れる占いを横目にワイシャツのボタンを留めていた。今日のふたご座の運勢を見届けるとすぐにアプリを起動する。画面は現在の為替市場の様子を伝えてくる。「アメリカが下げたのなら、今日の日本株もダメだな」そんなことを思いながら家を出た。

昼12時40分
12時40分
ランチで仕込むディナー代

ランチで仕込むディナー代

午前中に3件の商談は少し欲張りすぎたか。若干昼を過ぎて空席が目立ち始めた行きつけのレストランへ。ランチを食べながら昨晩からスマホに入ってきていたFX会社からの経済指標メールに目を通す。

「なるほど、FOMC米連邦公開市場委員会のこと。この会合は6週間に1回、年8回開催され、米国の金融政策が決定されます。ここで決定されたことは為替相場に大きな影響を与えます。の声明がこれだからか」と昨晩のアメリカ市場下落の理由を確認。そして、FX会社から提供されているFXアプリでそのまま米ドル/円の様子を眺める。やや円安対象通貨に対して円の価値が下がることを指します。例えば1ドル=100円から1ドル=110円になると円の価値がドルに対して下がったので、円安と言います。の傾向にあるものの夜にはまた円高方向になるなと感じたので、1ドル=121円20銭で5,000通貨の買い注文商品を購入するために出す注文のこと。 ⇔ 売り注文、121円60銭で売り注文「売り」から入る注文のこと。FXでは「買い」からだけでなく、「売り」から取引をすることができます。 ⇔ 買い注文ストップロス損切りと同じ意味で使われることが多いようです。損切りとは損失の回復が見込めないときにポジションを解消することを言います。は120円80銭でオーダーを入れた。

夜20時00分
20時00分
自宅で感じる世界の相場

自宅で感じる世界の相場

午後は社内で午前中の商談をまとめながら来週の納入にあわせた工場との納期打ち合わせ。少し残業をしながらも20時には帰宅。テレビをつける前に自宅PCでメールを確認すると約定を知らせるメールが2本入っていた。うまいこと40銭円安対象通貨に対して円の価値が下がることを指します。例えば1ドル=100円から1ドル=110円になると円の価値がドルに対して下がったので、円安と言います。に動いたようだ。ちょうど2,000円の利益。もう少し夜ごはんを贅沢してもよかったかと思いつつ、独身のTさんは夕食を作りはじめた。簡単な夕食をとったあと、昼間の米ドル/円チャート相場の値動きを表すグラフのようなもので、一般的にはローソク足の集合体で形成されています。チャートを見ることで一目で相場の値動きがわかります。をゆっくり眺めはじめる。派手な動きはないものの比較的素直な値動きだったようだ。そろそろニューヨークが動くころ。もう少しだけ市場を眺めてみることにした。

ある日のTさんのタイムライン

タイムライン

サラリーマン投資家の通信簿

Tさんの場合、常に市場を凝視し続けるのではなく、一日の中のちょっとした時間を利用してトレードを楽しんでいる。日中はIFDOIFDとOCOを組み合わせた注文方法で、新規ポジションのための指値注文と決済注文(利益確定の指値注文、損失確定の逆指値注文)を同時に行う注文方法。注文を活用して、相場を見続けていなくても利益と損失を確定できるように工夫している。夜間は海外の市場が活発になることもあって、PCの前で発表される指標をもとにトレードを続けている。

毎日、短い時間であっても自分のペースで取引を楽しんでおり、難しいなと思ったら注文しないこともある。もちろん一日相場を見ないこともあるので、Tさんの注文は当日または翌日には手仕舞い取引において保有しているポジションを決済して、現金化することを指します。となる。そんな、Tさんはデイトレーダーと呼べるだろう。

大きな利益を狙うのではなく、小さな利益をこつこつと積み重ねるスタイルは非常に堅実であるし、これからFXをはじめようという人にとっても参考にすべき手法といえる。

デイトレードに適したFX会社とは?

空いた時間にちょこっとトレードの投資家向けなのは、スマホアプリの充実度や、すばやい約定力。また、手数料が無料で、一日に何度でも仕込みOKなどが、セレクトポイントになってくる。

ここがポイント!

FX会社のサービスの充実度をよくチェックする!

まとめ

  • 仕事が忙しい平日も空いた時間にFX!
  • 取引は自分のペースで!FXを楽しむ!
  • 空いた時間はスマホで相場をチェック!
サラリーマンだっていつでもデイトレはできる!

デイトレードするならこのFX会社!