失敗例に学ぶFX

主婦がFXで4億円の脱税という衝撃的なニュースが流れてから数年。脱税という事件そのものよりも、FXってそんなに儲けられるの?と思った方も多かったのではないか。実際、その後のFX人気は目をみはるものがあり、FX会社各社への口座開設数もじつにうなぎ登りとなった。

ところがである、相場はそんなに甘くない。いったい素人でもFXで勝てるのか?プロでなければ勝てないのか?そのパターンを探っていくと、プロや素人に関係なく、勝つ人には勝つ人なりのパターンがあり、負ける人には一定の負けパターンがあることが判った。
これを反面教師にすれば明日から勝ちをグンと引き寄せられるかもしれない。

FX初心者ならこのFX会社!

「トレンドに乗ったつもりが乗り遅れた…」会社員 Aさん(33歳)

世知辛いご時世ながらお小遣いを増やそうと一念発起してFXを始めたAさん。口座が開設されると、さっそくユーロ/円で取引を開始した。期待に胸を膨らませながらチャート相場の値動きを表すグラフのようなもので、一般的にはローソク足の集合体で形成されています。チャートを見ることで一目で相場の値動きがわかります。をじっと見つめると、今まさに陽線が勢いよく伸びていく!これこそチャンスだとばかりに急いで1万ユーロEU(ヨーロッパ連合)内で使われている統一通貨。米ドルに続く取引量。FXではEURと表記します。の買い注文を入れた。「もっと、上がるぞ!」とワクワクしながら待っていた次の瞬間、相場は唐突に反転し、ドーンと勢いよく下がりはじめた。「ヤ、ヤバイ・・・」と思った瞬間、さらに下へと伸びていくローソク足ローソクの形に似ていることが由来で、1つのローソク足からその期間における始値、終値、高値、安値の情報がわかります。ローソク足は江戸時代に日本で生まれました。。チャートを前に焦るAさん。「そ、損切り・・・損切り含み損がある状態で今後の回復が見込めないときに、損失を最小限度に抑えるためにポジションを解消することを言います。しなきゃ・・・」とつぶやくも、クリックするはずの指先は震えるだけでクリックができなかった。

冷や汗をかきながらも損切りすると、口座情報をあらわす画面には2万円の損と表示されていた。ここで負けられない。Aさんは先ほどの損を取り戻すべく急いで売り注文「売り」から入る注文のこと。FXでは「買い」からだけでなく、「売り」から取引をすることができます。 ⇔ 買い注文を入れる。しかし、相場は無情だった。売り注文を入れた瞬間、陽線がグーンと伸びはじめたのだ。「ん、んがぁ・・・」、声にならない声をAさんは出しながら、チャートを見守る。「もういちど下がるはずだ、下がってくれ」そんな願いもむなしく、相場は行って来いである。買い注文商品を購入するために出す注文のこと。 ⇔ 売り注文を入れたときの元のレート外国為替市場において異なる2国間の通貨を交換(売買)するときの交換比率のことを言います。為替相場とも言います。で落ち着いた。Aさんはふたたび損切りをすることになったのだ。

Aさんの場合、相場の流れに乗ろうとしたまでは良かったものの。完全に出遅れてしまっていた。上がり切ったところで買い、下がり切ったところで売っている。初トレードにして市場から往復ビンタをもらう事になってしまった。

「一発逆転を夢見て無理な取引を…」フリーター Tさん(26歳)

とにかく大金を手にしたくてFXを始めたTさん。バイトで貯めた手持ちの80万円を元に1億円を目指して取引をはじめた。フリーター生活から一発逆転したいTさんは、値動きの大きな英ポンド/円をターゲットに取引を始めることにした。 「こんなに簡単に儲けられるんだ」、いきなりの取引で、3万円の利益を得たのだった。Tさんはこれに気を良くして、「1億円稼ぐにはこんな利益じゃダメだ。もっと大きく賭けていこう」と決意した。

ある日、相場は上昇トレンド為替レートが上下しながらも上昇している状態。上げ相場とも言います。を示していた。まさに待ち続けてきたチャンス到来。Tさんは英ポンドイギリスの通貨単位。イギリスはEUに加盟していますが、ユーロを使わず自国の通貨を使っています。かつての基軸通貨でFXではGBPと表記します。で10万通貨の買い注文商品を購入するために出す注文のこと。 ⇔ 売り注文を入れた。ジリジリっと上がり続けるレートを見つめ、Tさんの期待も高まるばかりだった。

しかし、その瞬間。口座情報を示すウインドウの数字が変化した。買ったはずのポジション現在所有している持ち高のことで、新規注文が約定して決済注文するまでの状態を言います。も見えなくなっている。おかしい。FX会社のシステムトラブルだろうか。ついさっきまで目にしていた数万円の利益はどこに行ったのか。Tさんはまったく状況が呑み込めなかった。「いったい何が起きたのか?」、チャート相場の値動きを表すグラフのようなもので、一般的にはローソク足の集合体で形成されています。チャートを見ることで一目で相場の値動きがわかります。を確認すると大きな陰線が描かれている。現在のレートはさっきと同じ‥ではなかったのだ。急激にレートが動いてTさんのポジションはロスカットさらなる損失の拡大を防ぐために含み損が一定レベルに達したときに自動的に強制決済されるしくみを言います。ロスカット値はFX会社によって異なります。されていたのだ。

Tさんの場合、証拠金に比して大きなポジションを持ったのが問題。80万円の資金でいきなり10万通貨の取引は無謀といえる。市場の値動きに対応できるだけのレバレッジを考えていなかった。さらに損切り注文も入れていなかった

「スワップ狙いで何もしなかったら…」OL Sさん(24歳)

仲のいい友達の彼氏が始めたらしいFX。難しいことはよく判らないが、話題についていくためにもということで、口座を開設してみたSさん。口座にお金をいれるまではできたけれども、チカチカと動いているレートを見てもどうしても取引する気持ちになれなかった。 後日、そんなSさんに友達の彼氏からのアドバイスが届いた。「オーストラリアドルオーストラリアの通貨単位。高金利通貨としてスワップポイント狙いのトレーダーに人気。FXではAUDと表記します。オーストラリアドルはオージーと呼ばれることもあります。を買ってしばらく放っておけばいいんじゃないだって。銀行で貯金するよりいっぱい利子がつくとかいってたよ。」いたってアバウトなアドバイスながらも、Sさんは試してみることにした。

寝る前にケータイで口座情報をちらちらと確認していると、毎日数十円ずつ増えているみたい。友達の彼氏いわくスワップポイント取引している2国間の金利差のことで、金利の高い通貨を買うか低い通貨を売ることで決済しなくても毎日金利を受け取ることができます。逆の場合は金利を支払うことになります。というのが毎日貰えるらしい。なるほどとSさんも判った気になれた。

それから数カ月後。友達と食事にいったり、カラオケにいったり、なにかと忙しい日々だったのでFXのことなどすっかり忘れていたSさんの元に1通のメールが届いた。FX会社からのメールだった。久方ぶりにFX会社の口座を確認すると少しずつ増えているはずのお金が半分になっている。「え?」慌ててSさんは友達に状況を説明する電話を掛けた。折よく友達と一緒だった彼氏が答える。「ロスカットさらなる損失の拡大を防ぐために含み損が一定レベルに達したときに自動的に強制決済されるしくみを言います。ロスカット値はFX会社によって異なります。されたんだね。この間の発表で豪ドルさげたじゃない。ヤバいと思ったら売っちゃわないと。」Sさんは苦笑いするしかできなかった。

スワップを期待することは決して悪いことではないが、ほったらかしはダメ。相場は上げ下げに応じて適切に対応することが必要。なにより、投資は自分のお金でするもの。何事も人任せではいけない。

まとめ

  • 乗り遅れを悟ったら損切りの決断を!
  • レバレッジを広げすぎるな
  • 「ほったらかし」は負けも同然!
FXの取引では常にマイナス局面のイメージをしていることも不可欠じゃ!

FX初心者ならこのFX会社!