中長期のFX投資スタイル

じっくりコツコツ稼ぐ中期期での投資もFXの魅力!
おこづかいが足りない!将来のことを考えて貯蓄していきたい!、老後が不安だ...など、気になる目的別に様々なFX投資家の事例を見てみよう!

  • 月々のおこづかいの足しに
  • 投資というより、貯蓄の感覚で
  • リタイア後の資金に

月々のおこづかいの足しに

FXというとハイリスク・ハイリターンのイメージをお持ちの方もいるがそんなことはない。FXで利益を出している勝ち組のほとんどはコツコツと小さな利益を積み上げているのが実情。決して多くないおこづかいを少しずつ増やすためにFXを実践している人が多いのだ。

1万5千円の投資でコツコツおこづかい増加中!

毎月のおこづかい3万円のAさん(36歳) 毎月のおこづかい
3万円のAさん
(36歳)

初めはすごくショボイ儲けだと思いました。元手が1万5千円じゃ当然か(笑)。でも続けていくと気が付けばまあまあ資金も増えていて。1回あたりの取引をもう少し大きくしようかと考えてます。

昼食を切り詰めて貯まった1万5千円でFXを開始。帰宅して一段落した夜9時頃から取引を始めるAさんのルールは、1回の取引で大きく利益を出そうとしないこと。注文を見直すごとにだいたい500円の利益を目標にして新たに注文を設定し、その作戦が月に何回ハマるかが利益に直結する。この利益が侮れない。

Aさんのトレード内訳
取引通貨 取引単位 1トレードの目標利益 初期投資額
米ドル/円 1,000通貨 500円 1.5万円
毎月平均損益 +3,000円~5,000円

1日10分チャートを眺める。数万の利益の月も!

将来が不安だった主婦のFさん(31歳) 将来が不安だった
主婦のFさん
(31歳)

おこづかいを自分で捻出できればと思って始めたんです。毎日はできないので数日の流れをみてトレードしています。利益が出ても、FXの口座には常に5万円だけしか残さないと決めています。

主婦仲間の一人がFXをやっていると聞きこっそり挑戦。ネットで調べておおよその仕組みを知ってからFX口座を開き、ヘソクリの5万円でFXを開始。家事が落ち着いた日中の空いた時間に20分ほどチャート相場の値動きを表すグラフのようなもので、一般的にはローソク足の集合体で形成されています。チャートを見ることで一目で相場の値動きがわかります。を確認し、流れに逆らわないトレードが自分なりのやり方。ただし損切り含み損がある状態で今後の回復が見込めないときに、損失を最小限度に抑えるためにポジションを解消することを言います。ラインは自分に厳しく設定。

Fさんのトレード内訳
取引通貨 取引単位 1トレードの目標利益 初期投資額
NZドル/円 1万通貨 5,000円 5万円
毎月平均損益 +10,000円~30,000円

継続は力なり。小さな勝ちも積み上げれば大勝利

このようにFXは少額の資金で、わずかな時間しか取れなくてもそれなりの利益を得ることができる。1回あたりの利益は小さくても、無理せずコツコツ重ねることこそが、中長期トレードのひとつの極意かもしれない。

まとめ

  • 少額の元手でもOK
  • 1日数十分でもOK
  • 毎日じゃなくてもOK
慌てず騒がず。中長期のFX取引のコツは、トータルで勝ちを獲る!

中長期のFXをするならこのFX会社!