取らぬ狸の皮算用?FX利益と税金

何年か前に「FXで上げた3億円以上の利益を脱税」というニュースが流れました。なんでもこの投資家の元手は100万円ほどだったそうで、FXが「わずかな元手で大きな利益をあげられる」ことを証明したことになります。

ただし!やっぱり税金はきちんと納めなくてはいけません。
さて、FXの利益にかかる税金ってどのくらいなんでしょう?

FXの税金、覚えておきたい3つのポイント!

いくら儲けても税率は同じ

FXの利益にかかる税金は「一律20.315%」です。小さな儲けでも億単位の巨額な儲けでも同じです(ただし20万円以下は税金がかかりません)。

つまりFXであげた利益が1年間に100万円だったら、税金は

100万円×20.315%=20万3,100円

になります。

ちなみにサラリーマンの場合、会社からもらっている給料とFXによる利益は「分離」して計算する決まりになっているので、給料と合算して税率が上がってしまう心配はありません。ふつう給料に対する納税は年末調整で完了していますから、そのあとでFXの利益に応じて税金を納めます。

どうやって計算するの?

利益の計算は簡単です。あなたが1年間にFXであげた利益の計算は、あなたが口座を持っているFX会社がやってくれます。「年間損益報告書」「年間収支報告書」など名称は会社によって違いますが、あなたの1年間の利益をいつでも見ることができますし、印刷もできます。

あとはその報告書に記載された利益の金額を確定申告書の所定の場所に記入するだけ。複数の会社でFX口座を持っている場合は、それぞれの損益報告書の額を合計して記入します。いまは確定申告書も国税庁のホームページ上で入力・作成できますので、自分で計算する手間はありません。

利益の計算は
すべてFX会社が行う!

複数のFX口座は合算する

複数のFX口座を持っていて、ある口座は黒字、ある口座は赤字というケースでもそれぞれの損益を合算します。「FXとFX」や「FXと取引所における先物取引等」は互いの損失・利益を合算できるのです。これを損益通算と言います。

「A口座で50万円の利益」「B口座で20万円の赤字」だった場合

A口座
50万円の利益
B口座
20万円の損失
損益計算:50万円20万円=30万円
利益 30万円
×
税率 20.315%
税金 6万900円

※ 100円未満は切り捨てになります。

損失が出たときも、ほったらかしはダメ!

FXの年間取引が「赤字」だった場合はもちろん税金はゼロです。また複数口座を持っていて「合算したら赤字」だった時も税金はゼロですが、どちらの場合でも確定申告はしておきましょう。なぜなら「その赤字を3年間繰り越せる」からです。

もしも1年間の取引が赤字だった場合、その損失額を翌年から3年間にわたって「利益から引くことができる」のです。
たとえば

損失は3年間繰り越せる!
  • 2016年

    120万円の損失

  • 2017年

    30万円の利益

  • 2018年

    30万円の利益

  • 2019年

    30万円の利益

  • 2020年

    30万円の利益

だった場合、それぞれの年の税額は以下のとおりになります。

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
損益 -120万円 +30万円 +30万円 +30万円 +30万円
確定申告で
損失繰り越し

-120万円

0万円

-120万円

確定申告

翌年に繰越し

-120万円

+30万円

-90万円

確定申告

翌年に繰越し

損失の繰越しができるのは3年間

-90万円

+30万円

-60万円

確定申告

翌年に繰越し

-60万円

+30万円

-30万円

確定申告

翌年に繰越しできない

0円

+30万円

+30万円

確定申告

利益の30万円が
課税対象に

課税対象 0円 0円 0円 0円 30万円
税金 0円 0円 0円 0円 6万900円

赤字の年に確定申告をしていないと、この損失の繰越はできません。ですから赤字だった年も確定申告をしておくのが大事です。
相場が上がっても下がっても利益をあげられるのがFX。確定申告もかんたんにできますから、税金に対する心構えは常にしておきましょう。

まとめ

  • 利益の大小に関わらず税率は20.315%
  • 年間の損益計算はかんたん!
  • 損失が出たら利益と相殺できる!
  • 損失は3年間繰り越せる!
年間の収支が「黒字」でも「赤字」でも確定申告は毎年じゃ!

まずは人気のFX会社で口座開設!